—「絵を描いてみたい」と思っている方へ—

絵を見るのは好きでも、描くのは苦手という方は
多くいらっしゃるのではないでしょうか?
「絵ごころがない」「絵のセンスがなくて」と、
初めて教室に来られる方からよくお聞きしますが
実は絵ごころのない方なんていないのです。

一緒に絵を描く生徒さんたちは
色が光によって微妙に変化すること、
形は見えているものだけではない事などを
レッスンを通じて知っていきます。

ひとつずつ、階段を登るように
「絵ごころ」をとり戻すのです。

そして、庭の小さなしずくや台所の見馴れた野菜にも
「絵になる」美しさを見いだす感性(センス)。
それらが備わった時豊な世界が広がり
きっと絵を描かずにはいられなくなってしまうのです。

絵を描く。

それは日々を豊にする入り口なのです。
田實 千絵(たじつ ちえ)

テキスタイルデザイン、グラフィックデザイン
イラストレーターの仕事を経て色鉛筆画の世界に入る。

基礎からひとつずつ段階を踏んで
はじめて絵を描く人にもわかりやすく指導。

絵本やアートセラピーにも関わりがあり
マスターアートワークセラピストの資格を取得。

アトリエには絵本コーナーも併設。

現在、兵庫県内に教室を持つ。